ブログ

厳選した2つの節税案件をご紹介|資産形成に関するセミナー

池田和弘氏が講師を務める
「ビリオネア・ダイヤモンドクラブ」で、
会員さま限定のWebセミナーを開催いたしました。

今回のセミナーでは、
ビリオネア・ダイヤモンドクラブでご案内をしている
投資案件のエグジットに備えておくための節税案件、

『電気料金削減サービス事業案件』
『Wi-Fi事業案件』

をご紹介いたしました。

1つ目の「電気料金削減サービス事業案件」は、
高圧電力を使用している工場やオフィスなどをサービス対象にした投資案件で、

投資家が電力を提供しているサービス提供会社と”代理店契約”を行い、
そして、業務委託先と”業務代行契約”を行うというものになります。

この2つの手続きをすることで、
お得な電力プランを紹介する事業者に投資家自身がなり、
実働は、業務委託先が行います。

その結果、業務委託先へ支払う業務委託料を
その年の経費に一括計上することができ、
他の投資案件で手に入れた利益と損益通算を行い、
所得にかかる税率を下げることが可能になります。

2つ目にご紹介した「Wi-Fi事業案件」も
仕組みは同じなのですが、

一般的な節税案件と異なり、
これらの節税案件は「節税」という役割を果たしつつも、
「100%以上のリターン」を狙うことができます。

通常の節税案件であれば、
一時的に1000万円の経費計上はできるが、
5年後の満期で950万円しか返ってこないというものがほとんどです。

しかし、今回セミナーでご紹介しました投資案件は、
一時的な経費計上もでき、
満期で返ってくる金額で利益を狙うこともできるというものになります。

資産を安定的に増やしていくには、
「守りながら増やしていく」ということが必要不可欠であり、

このような投資を実現することができるのも、
講師の池田が持つ人脈と情報源があってのものになります。

資産を増やす投資案件だけでなく、
収入を最大限のこす節税案件にも
いまから参加しておき、

これから訪れる投資のエグジットにそなえた
準備を進めておきましょう。

ご参加いただいた皆さま、
誠にありがとうございました。